スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に注目

お疲れッス!


☆中国について
バブル安値の更新を やけにまくし立てるニュースが多いッスが
日経の寄り木であるダウの動きの割には 良く粘っているといっ
た所ッス。さすがはPLO(プライス・レフティング・オペレーション)
頑張り方が違いマス!
とは言え、このままでは長期的なビジョンで日経は危ういでしょう。
現在 資金を撤収している外人が、下げ一巡後に 日本株をこれ
までのように買うのかには疑問が残るからデス。
以前から書いていますが、アジアで投資を考えるなら、政策が
明確な中国を買い、不透明な日経を売るのがセオリー
でしょう。
「 外資に対して 無法地帯なので やりたい放題 」というプレミア
ムはありますが、その点をエッジ(優位点)として参入してくるの
はCTA等の短期資金が良いトコロで、中期~長期での運用を考
えるファンドなどは、国内の経済活動でそれなりの成長を維持で
きるチャイナのほうが 安心して運用できる(時間をかける価値が
ある)と考えている運用者も少なくないでしょう。
また、現在落ち込んでいる米国はじめ世界の景気が回復する牽
引車に中国がなることはあっても、日本がなることは考えられない
といったシビアな見方もあります。 まぁ、至極 正論ですね。
だからといって、日本株を見限ることはしません。
何でこんなことを書いたかというと
現状の、株価の下落を止めるのは米株・欧州株であっても、今後
の回復の波を作るのは中国だという認識で、中国に注目していく
時期に入ってきたと考えているからデス。
~続きはメンバーページにて~


☆電力
太陽電池の普及のために、ソーラーパネルで発電した電気の買い
取り額を2倍にする→代わりに通常の料金負担を増やす事で 需要
を刺激するなんてニュースが出ていましたが、どうなんでしょうね?
個人的に思うのは、企業の業績を少しでも助けるのが目的なんじゃ
ないの?と考えていマス。 工場の屋根に ビッシリ敷いているワケ
ですからネ。 また日本の世帯数は約4700万世帯ですが、その内
戸建ての占める割合は約57% 約半分が マンション生活者となり
マスので、国民みんながハッピーというわけにはいかない事からも
真意は別のところにあるんだろうなぁ。。と考えていマス。
何でも 法案が通れば、発電装置の設置コストの償却年数が短くな
るようですが、屋根と一体型のものを付ければ その分固定資産税
が一気に跳ねますし、地球・環境をエサに 頑張るのは結構ですが
国民はそこまで馬鹿ではないと思いマスよ。


☆目先
長期の見通しはさておき、目下大切な短期的見通しを。
PERの上昇、EPSの低下は今後も続くでしょうし、外人という主体
が買ってこない以上は、はっきりとした反転相場に 中々ならない
ですが、売り飽き感も 出ている中、ヘッジファンドの換金売りもあ
る程度こなしてきていマス。 
後半~期末を意識した買戻しも考えられ、はっきりしない 横ばい
基調が続くでしょう。
指数は比較的横ばいで、個別の2極化が進むと考えていマス。
日経上昇でも上がらない銘柄・セクターが出てきマスので、物色
対象の変化にも意識をしていきたいものデスVIVA☆


チーム天馬の約束!   
↓ クールに1クリックよろしく!
   にほんブログ村 株ブログへ   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。