スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化を観察していく

お疲れッス!

☆バブル値割れ
バブル値割れでも、それほど騒ぐ事のなかった日経。
朝は公金買いが入るも、1日も続かないなんて…中途半端にやる
のはいい加減やめて欲しいッスね。 日柄が狂いマス。。
日経は気がつけば、世界株安の中でもトップクラスの下げ幅。
NYでガツガツ売るよりも、日本でヘッジを効かせた方がやりやすい
状況なんでしょう。 「 ある外資系 」に売りが目立ちます。
空売り規制なども入ってきましたが、あくまで米国次第。
その米国は 足元の景気を織り込むどころか、FOMCを前に
「 催促相場 」をやる可能性もあるので、NY8000割れはイメージして
おきたいッスね。 問題解決の決定打はまだなので。

☆空売り規制
〝 11/4より 日本でも空売り規制を実施 〟こんなニュースが出て
いましたが、政治家の皆さんが言う「 健全な金融システム 」であ
れば、こんな事をする必要はないッスね。
って皮肉は置いといて…、まずその内容ッスが
1:売り付けの際に、株の手当てのないままの空売りは禁止。
2:発行済み株式総数の0.25%以上の売りポジションは、報告の義務。
3:報告された大口の売りポジションを11月中旬に取引所で公表。
米国の空売り規制を踏襲した内容ッスね。
で、結果 米国はどうなったのか?ソレは7月から実施された“米国の空
売り規制”の効果を、株価の推移で見れば「 論より証拠 」。
別に売りが禁止になるワケじゃないし、発表自体に あまりナーバスにな
る必要はないでしょう。 ましてやNYあっての日経なので。
こんな規制だけで、日経が独自に動けるハズもなく… 
個人的には政治屋の選挙前のやっつけ仕事の類と考えています。

心配する事があるなら、ココに来て またマーケットを理解しない人達の
思惑で、相場が人為的に捻じ曲げられる→また どこかでツケを払わさ
れる事になるといった点が一番心配ッス。
散々書きたい放題書きましたが、気になる影響は…パッと聞いて理解
しづらい分、狼狽的な買戻しが起こるかも知れませんネ。
BUT、売り禁になっても 下がった不動産株が好例であるように、大局が
どこにあるのかが大事でしょう。

*ちなみに、一般的な信用売り(制度・一般信用)はこの規制で言われる
「裸売り(ネイキッド)ではナイ」のでご安心を。 
(1番大切な事を書き忘れるところでした…)



★明日の戦略 ★   

『じっくり観察する』

混乱に備え、混乱を見届けてからエントリーしても 十分間に合うので
じっくりと構えて、変化を見ていく時ですね。
そして政治家の体裁を保つ為の売り規制などは気にせずに、売り玉
は利を伸ばしていきたいっスね。
月末になり、現物株の処分も進んできているので、需給に気を使いな
がら、マーケットの変化を観察していきましょう。
売買は昨日に引き続き、短期をメインで。


エッジ銘柄
明日も日計りメインなのでナシです。


チーム天馬の約束!   
↓ クールに1クリックよろしく!
   にほんブログ村 株ブログへ   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。