スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局は米株しだいなので、柔軟な対応で短期戦略

お疲れッス!


☆記録続き
先週は↓の記録、今週は↑の記録とめまぐるしいマーケットだが
〝 問題解決で安心感 〟というよりは、やや駆け足な動きッスね。
このところ「 政策発表が売り場 」になっていただけに、今回の措
置を上回る対応ができない以上は 上げるしかない!といった背
水の陣にも似た勢いも感じたッスね。
何はともあれ、売るにしても 買うにしても仕掛けやすい環境にな
った事はひとまず良かったッス。

☆目先の戻りメド-2-
気がつけば 今回の下げ幅に対して「3分の1戻し」を すでに達成
している状況であり、このまま米国が 世界的な規模での仕手相
場を続けない限りは、一度調整があって然るべきでしょう。
今晩も連騰なら、明日の吹き値は売りということになりそうッスね。
信用担保割れで 投げさせられた人も多いでしょうが、すぐに飛び
つかないようにしたいッスね。

☆今回の政策はギリギリ
夕方に〝 米政府が 金融機関9行に対しに 25兆円の資本注入 〟
といったニュースが流れていましたが、ようやく議会を通した なけ
なしの70兆円に 早くも手をつける様子。 残りの35兆円は議会
の承認ナシに出動はできず、CDSの損失の規模が完全に把握
できていない中では博打でしょう。 ソレこそ、サブ問題が騒がれ
だしたころは まだ15兆円だったものが、年明けにには42兆そし
て気がつけば 200兆円は下らないとの声も出ている状況であり
これらの現状把握ナシに、とりあえず金を突っ込むワケっすから。
タイトロープな状況で、取れるリスクだけを取っていきましょう。

☆今後の焦点
今回の上昇がどこまで続くかというより、もう少し先の事について
触れてみたいと思いマス。 金融危機の完全回避ではないものの
一旦は後退した後ッスが、次なる問題は実体経済がどの程度回
復するかということになるでしょう。
米国市場は決算相場に入っており、これから出てくる企業の業績
には神経質な展開になりそうッスね。 また、いまだ下げ止まりを
見せていない住宅価格にも、いつ スポットが当たってもおかしくな
い状況ッス。 そういった意味では、今回の反発はあくまで「金融
危機回避の反発であって、 景気回復の反発ではない」
ということ
をしっかりと頭の中に入れた上でのマーケット戦略を立てていきた
いっスね。

★明日の戦略 ★   

『吹き値では売りを打診的に入れていく』

かなり無理のある 足早な上昇で、金融危機の不安を回避した
ワケっすが、世界的な規模での仕手相場も、長く続けるワケに
はいかず、「 正常な 」株式市場の運営の為には 今後ボラを抑
えた展開が望ましいでしょう。 お祭りを続ける意味はない以上
ここは小休止が入る事をイメージして、今後の 景気後退局面で
厳しくなるセクターには戻り売りを打診的に入れていきたいっスね。

逆に今晩下げた時には、一呼吸おいた 押し目好機を狙うチャンス
がきそうッスね。 


エッジ銘柄
8028:ファミリーM
上がらなかったのにはそれなりにワケがあるとの事。


外人売り一巡でも、米国次第の日本株。 短期戦略は柔軟にVIVA☆

チーム天馬の約束!   
↓ クールに1クリックよろしく!
   にほんブログ村 株ブログへ   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。