スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOMCで↑方向なら、、、! byテル

今日は、まずは昨晩の天馬さんのコメントから、、、

  

お疲れっス!

☆FOMC待ちの相場。
昨晩のNY市場はFOMCの結果待ちでしたね、単純に。
今晩のFOMCの結果、米国の中間選挙と、期待材料の多い海外
市場はイベント待ちとはいえ、上値志向を漂わせています。

 ~ ~
 ~ ~

気になるドル円ですが、下値抵抗ポイントより反転し、最初のヤ
マ場である80.97円を抜けば81.25円が次のフシ目。次いで81.35円
⇒  と、可能性は広がりますネ。このドル円の戻
りが日経の戻りを左右しますので、ドル円の動きには繰り返しに
なりますが注目しておきましょう。

ちなみにオプション市場では大きく動くと見る動きは少ないものの
92★0~9★00円を志向する動きが出そうです!これをさらに上回るほ
どのボラが1日で出るとは今の段階で考えづらいので、目先の9300円
のフシ目の手前では一部でも玉を回しておきましょう。

仮に、、、、、、、、、、、の高値を超えた場合のみ9300円以上を
イメージしたホールドで。


★明日の戦略★ 『FOMCで↑方向ならギャップアップでも買い』
FOMC待ちの相場が、FOMCの結果で沈まなければ、多少の高
寄りでもジャンピンぐキャッチが有利でしょう。後はNY市場、ユ
ーロが戻り高値を抜くかどうか、抜いた後の夜間市場の動きが横ば
い(安定している)かどうかを見て、、、、、、、、!

☆明日の先物
上記で書いた通りです。
仮にNY夜間が沈む&通貨(ユーロ、ドル円)もじり安なら、高寄
りから吹きあがったポイントは売りで入っても良いでしょう。

  ~ ~

  ~ ~

(以上)

おとといは「とりあえず雰囲気重視で下がる」程度の
世の発言は気にしないでほしいとお伝えしましたが、
為替を中心とした見るべきポイントをはき違えなかった方には
今日は相応の見返りがあるかと思います。

ただし、一昨日までを積極的に行った人は、今日はまずは
戻り売り、積極的にいけなかった人は 明日の雇用統計見るまでは
結局動きないと言った具合に、正味のプラス効果がある方も
多くはないかもしれませんが、ドル円が天馬さんの読み通りに
推移するのであれば、短期的には戻り売りに上値を抑えられても
続きが必ずあるはずです


今日は「気にしてた銘柄がガンガン上がる・・・」ように見えるかも
知れませんが、どの株もそれなりのしこりを持っていますので、
安値だけを買えている方は極々々少数。

慌てずに、明日や来週に繋げる動きをしていきたいですネ


BBS銘柄の方は 引き続き、、、、

VIVA☆4  2193:クックパッド
短期的には、まだまだ細かい売買の工夫も必要ですが、
連日の新興市場の下落で、ついにターゲットプライスの●●である
4,200円にタッチ、、、、ならば


VIVA☆3  9132:第一中央汽船
海運の「軒並み上方修正!」も、今一つ流れに乗り切れていませんが
180円台を見逃す手はないでしょう。


8316:三井住友 (エッジより)
ある目的をはらみながら一昨日からのエッジ紹介。
ワンツー狙いで!


個人的には、、、、3632:グリー!
その売られ方からは、「何か悪い材料でるのかな」という気がして
ますので、万人向けとは言えませんが、一昨日の急落も臆病風に吹かれた
投げ売りが中心であり、3桁回復程度なら早いとみてます。

4819:DGも一緒。

今日もよろしくお願いします!!
   ↓ 
   にほんブログ村 株ブログへ 



TENMA’sBBS     ・・・会員制BBS

全員参加型の掲示板です。天馬さんも参加者の一人として
市場開催日前日夜にコメントをさせて頂いています。

相場観や銘柄の話はもちろん、以下のような運用者クラスの
コアな話しも随所に、、、、

真のマネー動向をつかむことで、周囲を一歩リードして
いきましょう!!

天馬
 
参加概要 → http://www.kabu-tenma.com/html/guidance.html    
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/05(金) 00:41 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。