スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先順位は、、、、、、!  byテル

本日の日本市場はNY急騰、円安を好感して
買い先行のスタート。

鳩山総理の辞任を憑きものが落ちたとする反応
も加わって 先物では9800円を回復

投資家の心理としては、強気ディーラーが増えている反面、
ファンドマネージャーなど中期以上の資金を動かしている
方々は強弱半々から、弱気の方が多いように見受けます。

個人の方の場合も、波に乗ること以前に、
「買い値まで戻るか」どうかが重要なポイントとお考えの方が多いようです。

投資である以上買い値を気にするのは当たり前であり、
負けないことは長く運用して行く上では大切ですが、
あまり買い値に執着し過ぎると、全ての基準がそこになってしまい
流れに乗り損ねてしまうリスク、
相場に気持ちで負けてしまうリスクが膨らみます。

全体の流れ、そこから落とし込む個別の戦略、、、、

というわけで、昨晩の天馬さんのコメントも直近の流れを一貫

    

☆ 政局リスクはまやかし

さて、鳩山総理の辞任となり、また『政治空白』とか『政局
リスク』とか言われそうですね。
“政治屋は選挙が仕事”なんて言う事はずいぶん前に分かっ
ている事ですし、そもそも米国にとって使い勝手の悪い民主
党から再び、使い慣れた自民に戻るきっかけができたという
点では外人は喜んでいるんじゃないかな?と考えています。
売り崩しで狼狽売りを誘っても、本気でヤバいとかは考えて
ないでしょ。

そして何より、優先順位はソコじゃないですからね~。

個人的には気にしておりません。

それよりもNY市場の動きや、、、、、、、を気にしたいですね。 

ユーロは、、、、、かつショートをもう少し溜めて欲しいですネ。


NY市場ではセンチメントがここにきて急激に悪化してきて
います。 格付け会社こそ、2010年の見通しを変更していま
せんが、運用者レベルで見ると弱気が強気を上回る数字とな
りました。弱気50%、強気30%と言ったところです。
良い感じになってきたと考えています。
弱気になった連中は、だからと言ってショートを振っている
ワケではないので、急反発しにくいのですが、下値が固まる
条件を一つづつクリアしてきていますので、相変わらずです
が強気を継続していきます。

『週中にかけての下げは買い』

良いニュースに反応できない相場展開で、どちらかと言うと
悪いニュースを探そう、ニュースをネガティブに捉えようと
いった雰囲気がプンプンしていますが、ひとたびチャートが
好転すれば一気にひっくり返るでしょうから、更に悪くなる
と言われていながら、先週同様のスピードで下げない事に関
しては悲観せずに見て頂きたいです。

早ければ、後★日で調整は終了だと考えていますし、今回は
最長の調整期間(あと★日)もかからないと見ています。

“安いから買う” “値ごろ感で買い場”と言っているワケ
ではありませんので、押し目買い有利の考えをうまく皆さん
と共有できればと考えています。

                (以上)

VIVA☆4 4819:Dガレージ
反発のスピード感だけなら他にも選択肢はありますが、
投資の基本を思い出せば今の15万円台も「買い場ですネ。」

スピードを取るか、中身を取るか。

ぼんやりでもスタンスをしっかり決めておくことが
株価に振り回されないためには重要になりそうです。


3632:グリー  エッジ銘柄より
日曜「ファンド筋の買いオーダーが入っているようです。
材料もアリ、、、、。」とのお話から、一昨日は東証1部昇格の材料!

月曜5,970円から、昨日7,000円にて、3日で1000円以上の上昇!!

そして、次なる材料は、、、

2121:ミクシィも評価は何ら下がりません。


本日も応援お願いします!!
   ↓ 
   にほんブログ村 株ブログへ 


理屈ではなく、リアルな相場の動きに合わせて
売買して行って下さい!!

チャンスをつかむなら

メンバーさん同士の情報・意見交換の中で、
より高みを目指していきましょう!

天馬も一日1回自論を掲載させていただいています。


          

TENMA’sBBS     ・・・会員制BBS

天馬

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。