スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月も張り切っていくッス!

お疲れッス!

☆法案は通過点
今回否決となった買取法案ッスが、このままいくなら 以前より
書いている『 金融恐慌 』になる事は 自明の理であり、木曜の
議会では訂正案を可決という流れになりそうッス。
BUT、ソレまではボラの高い 方向感のない展開になるでしょう。
ともすると、今回こそは 可決させる為〝 生贄 〟といわんばか
りに、倒れる企業が出るやも知れないッスね。
無茶な上下をしても、大底を打つというワケではないので無理
に手を出すタイミングではないと考えているッス。
そして、昼も書いたッスが 問題はすでに 『金融法案』の可否
だけではなくなっています。
 可決して、その後どうなるのか?
あくまで 金融法案の可否は通過点であって、その後展開を見
ていくことの方が重要でしょう。
その後の展開については
・極端に拡大したボラが縮小→日柄調整
・ボラが高いままリバウンド→数日高くてもその後に急落
どちらの場合も ダウで○○○ドル、日経は▲▲▲円が 戻りの
メドとなるでしょう。
また、法案可決で 目先の金融騒動が落ち着いても、その後に
考えられる金融市場の再生では、どの金融機関も巨額の損失
計上が待っていマス。 買収された企業には 部門の閉鎖や大
幅なリストラもあるでしょう。 また、実体経済おいても9/23に触
れたように、景気の減速下での設備投資の見直しや企業体力
の強化の為の資本増強等の動きが控えています。
何より、不動産価格の下落に歯止めがかかっていない状況ッス。
やはりココは戻り売り戦略で挑んだほうが賢明でしょう。
BUT,金融騒動のひとまずの解決で、市場のボラが落ち着き か
つ、問題の焦点が景気対策に絞られるなら、次の景気を先取り
するセクターへの投資も進めていけるでしょう。
すでに 打診的にではありますが、そういった動きも一部の大口
からチラホラ出ているのも事実ッス。 そういった意味では、価格
日柄と それ以外にも、いくつかのハードルをクリアしていく必要
はあるが、単なる戻り売り戦略のみではなく、かねてより書いて
きた『 ロング・ショート戦略 』で見ていくほうが望ましいッスね。
その際には間違っても、PERやだいぶ売られたからって理由だけ
で〝 高値覚え 〟の銘柄を選ばないようにしたいッスね。

☆余談ですが
ダウの昨晩の暴落が、歴史上最大の下げ幅ということは、今回の
“ サブ問題に端を発した 一連の金融騒動 ”が 過去に例を見ない
歴史的な大事件だという事になるッスね。確かに投資銀行の歴史
を終わらせたワケだし、今回の件をきっかけに、今後 何かしら新し
い規制もできるだろうし。 グリーンスパン氏曰く「 100年に 一度の
相場 」というのもうなづけるッスね。 今回の件では、多くの破綻企
業や多額の損失が計上されているので、両手ばなしで喜ばしい事
とは言い難いが、歴史的な相場の生き証人として、マーケットに参
加できている事は 今後の相場人生の中で役に立つだろうし、今後
のマーケットには、予想もしない変化とチャンスが潜んでいると感じ
ているッス。 悪く考えればキリがないし、良い結果も出てきません。
BUT、楽観だけでは結果は出ません。 
マーケットを理解して行こうという『 前向きな姿勢と冷静な判断 』
あと、ほんの少しで良いですが、マーケットを楽しむ気持ち。
今じゃなければ得られない事も多いと思うので、相場への努力は
重ねていきたいっスね。 磨きをかける時ッスよ

★明日の戦略 ★   

『明日のリバでは浮かれずに』

700ドル下げた翌日で、大統領の講演もあり、否決された法案も
再審議されるとわかっていれば、一時的にオーバーシュートした
相場が戻ることは当たり前。 350ドル以上下げた翌日は十時線
になる確率と同じようなものッスね。 ココで戻ったからって方向性
が決まるわけでもなく、当然 再度法案が通るか否かを 確認する
為の時間つぶしなので、あまり気にせずに見たいッスね。
一喜一憂する必要はありません。
まずは戻りを引き付けていきましょう。


エッジ銘柄
特になし


明日は月足のスタート地点が決まる日でもあるので、落ち着いて
短期でも、2パターン以上の展開をイメージしていきたいっスねVIVA☆


チーム天馬の約束!   
↓ クールに1クリックよろしく!
   にほんブログ村 株ブログへ   
スポンサーサイト
counter
プロフィール

天馬

Author:天馬

最近の記事
月別アーカイブ
まずはヨロシク!!




FC2ブログ☆ランキング

にほんブログ村 株ブログへ

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
↓↓こちらも参考に!!







book
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。